子供用メガネの選び方

「小さい子にはメガネをかけさせないほうが良い。」とか、
「小さい時からメガネをかけさせるのはかわいそう…。」と思われている保護者の方がいるようです。
幼いお子様でも、目が良く見えなければ生活の中でかなりの負担がかかります。
目に合ったメガネをかけて楽にはっきり見えることが、お子さまの視機能の発達や見えないことによるストレスの軽減につながります。

これから成長していくお子さまに、適切なメガネの選び方をご紹介します。



悩む母親
  • メガネを掛けさせるのはかわいそう?
  • メガネを掛けると度が進んでしまうの?
  • 子供用メガネを選ぶポイントは?
  • 子供用メガネのメンテナンス

メガネを掛けさせるのはかわいそう?

ちゃんと見えることは、お子さまの人生を豊かにします。

近視や遠視できちんと見えていないと「学校の黒板の文字が読めない」「本を見ると疲れる」ことや、 運動の際、ボールや相手の動きがわからないなど、見えないことがマイナス面を生み出してしまうケースもあります。

適切な時期にメガネを装用することで、両眼を使って物を見る能力を養うこともメガネの重要な役割です。
掛けることで、遠くが見えやすくなったり、遠近感がつかみやすくなったりと、メガネはお子さまの生活の手助けになります。
また、眼科医の指導のもと治療のために掛けるメガネもあります。
一生使う大切なお子さまの目ですから、上手にサポートしてあげたいですね。

男の子・サッカー

ページトップ

メガネを掛けると度が進んでしまうの?

メガネを掛けることにより度が進んでしまうことはありません。

くっきり・はっきり見える状態を作ることで、より視力は向上します。
強すぎず、弱すぎず、ちょうど良い見え方のメガネを掛けることは、目の発育にはとても大切な事です。

女の子・勉強

ページトップ

子供用メガネを選ぶポイントは?

お顔にあったサイズでフィット感の良い、ずれにくいメガネを選びましょう。

まず注目はお鼻の部分です。 隙間なく鼻パッドが肌に当たっている事が理想です。 金属タイプのメガネは微調整ができますので、当たっている面積が小さいなと感じたら、スタッフにご相談ください。
耳のうしろも重要です。 十分に耳にかかり、モダンの先が耳の穴よりも下に届いている長さを選んでください。長くても調整ができます。 メガネの正面サイズは顔幅から指一本分内側が目安です。 大きすぎると重心が前に傾き、ズレやすくなります。 また、小さいと掛けていられる時間が短くなります。
お子さまは成長が早く、頻繁に掛け具合が変わってしまう可能性があります。

以下のチェックポイントを参考に、ズレがあったら早めに店舗スタッフにご相談ください。

親子
Check Point 3つのチェックポイント
メガネが歪んでいませんか? 目とレンズの位置が正しく合っていないと、本来の視力が出ません。
お子さまメガネを頻繁に掛け直すようになったら、フレームの歪みを疑いましょう。
 
鼻メガネになっていませんか? 子供の鼻はそれほど高くないので、鼻パッドの大きさや形が合っていないと、 メガネがずれる原因になります。

特に鼻パッドが固定されているセルフレームでは、後で調整がほとんどできませんので、 購入時に鼻の部分がフィットしているかどうか、チェックすることが大切です。
 
テンプルがきちんと耳にかかっていますか? 耳のうしろにフィットするように、テンプル(つる)の長さやかかり具合をきちんとチェックしましょう。
黒板消しとチョーク

フレームの素材は大人と同様、プラスチック(セル)やメタルがあります。
元気いっぱいのお子さまは大人に比べてメガネを乱暴に扱いがちです。
そんな時は細くて軽そうなフレームではなく、型が崩れにくい丈夫なものをお選びください。
型が崩れにくいということは、矯正効果も長持ちするということです。


ページトップ


子供用メガネのメンテナンス

成長に合わせて、最適なフィッティングとメンテナンスができるお店を選びましょう。

メガネを掛けしばらく生活してみてはじめて、自分の目にピッタリ合っているかが分かります。
また、お子さまのメガネの扱いは大人よりも乱暴なため、どうしてもフレームが歪みがちになります。
型くずれしたままのメガネをかけていると、十分な視力が確保できないだけでなく、快適な装用ができずイライラしたり、場合によってはお子さまの目の発育に悪影響が出る可能性があります。
メガネが歪んでいるなと思ったら、なるべく頻繁にご来店いただき、メンテナンスされることをおすすめいたします。

フィッティング・メンテナンスに関する詳しい情報は、お近くの店舗までお問い合わせください。
お近くの店舗を検索する

店員

ページトップ


ページトップへ